青弓社 | GAMABOOKS
タイの地獄寺 / 椋橋彩香

SOLD OUT

タイの地獄寺 / 椋橋彩香

¥2,200

著者:椋橋彩香
出版社:青弓社
発行年:2018年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

カラフルでキッチュなコンクリート像が立ち並ぶタイの寺院である地獄寺。日本では「珍スポット」「B級スポット」などとして知られ、マニアは熱い視線を注いでいる。地獄寺に魅せられ、タイ全土の八十三にも及ぶ寺院を実際に訊ねた著者が、地獄寺を体系的にまとめた世界初の地獄寺論考。

鏡花と妖怪 / 清水潤(著), 怪異怪談研究会(編)

鏡花と妖怪 / 清水潤(著), 怪異怪談研究会(編)

¥3,300

著者:清水潤
編者:怪異怪談研究会
出版社:青弓社
発行年:2018年
サイズ:216mm×157mm
商品の状態:新刊本

大正期から昭和における泉鏡花のテクストを丁寧に読み解き、希代の妖怪作家・鏡花と現代の怪異怪談文化をも接続して、近現代日本の怪奇幻想の系譜を紡ぎ出す文学研究の臨界点。

コティングリー妖精事件 ~イギリス妖精写真の新事実~ / 井村君江, 浜野志保(編著)

コティングリー妖精事件 ~イギリス妖精写真の新事実~ / 井村君江, 浜野志保(編著)

¥3,080

著者:井村君江, 浜野志保(編著)
出版社:青弓社
発行年:2021年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

1917年にイギリスで写真が公表されて、コナン・ドイルなどを巻き込んでセンセーションを起こしたコティングリー妖精事件——。この事件に関わる貴重な新資料をフルカラーで紹介し、社会的・文化的な背景を解説する評論も収めて、妖精写真をめぐる人々の感性や時代性を浮き彫りにする。

大麻の社会学 / 山本奈生

大麻の社会学 / 山本奈生

¥3,740

著者:山本奈生
出版社:青弓社
発行年:2021年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

大麻を語ることは、摘発と逮捕、規制史と統治性権力、抵抗と社会運動、そして嗜好する人たちの生そのものを論じるということである。文化社会学と犯罪社会学の立場からアメリカと日本の大麻政策の100年間を精査して、有害か自由化かとは異なる視点から大麻をめぐる論争に一石を投じる。

テキヤ稼業のフォークロア / 厚香苗

テキヤ稼業のフォークロア / 厚香苗

¥3,300

著者:厚香苗
出版社:青弓社
発行年:2012年
サイズ:216mm×156mm
商品の状態:新刊本

路上や神社の境内で商売をしている専業的な露天商である「テキヤ」とはどのような職業であり、ルールや縄張り、集団の性格はどのようなものなのか——。不安定な生業を継続させるために慣行を作り上げ、それを伝統として商いをする彼らの実態に、スカイツリーでにぎわう東京・墨東地区などでの詳細なフィールドワークから迫る貴重な成果。

中国の死神 / 大谷亨

中国の死神 / 大谷亨

¥2,860

著者:大谷亨
出版社:青弓社
発行年:2023年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

中国の死神である「無常」は、中国ではよく知られた民間信仰の鬼神である。フィールドワークに基づきながら、無常の歴史的な変遷を緻密にたどり、妖怪から神へと上り詰めたそのプロセスや背景にある民間信仰の原理を明らかにする中国妖怪学の書。

幻の麺料理 再現100品 / 魚柄仁之助

SOLD OUT

幻の麺料理 再現100品 / 魚柄仁之助

¥2,200

著者:魚柄仁之助
出版社:青弓社
発行年:2023年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

戦前のナポリタンうどん、カレー餡かけそば、納豆スパゲティ、ラーメンおこし、マカロニのおすまし、元祖ラーメン「豚饂飩」「しなそば」「南京そば」、元祖カレーうどんなど、当時の雑誌に掲載されていたレシピどおりに100品以上を作って食べて紹介する。

日本まじない食図鑑 / 吉野りり花

SOLD OUT

日本まじない食図鑑 / 吉野りり花

¥2,200

著者:吉野りり花
出版社:青弓社
発行年:2016年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

いまも日本全国に息づく「食べるお守り」である〈まじない食〉とその背景にある民俗・風習や伝統文化、それを支える人々の思いをカラー写真も交えて紹介する。

ロバート・キャパの謎 『崩れ落ちる兵士』の真実を追う / 吉岡栄二郎

ロバート・キャパの謎 『崩れ落ちる兵士』の真実を追う / 吉岡栄二郎

¥2,200

著者:吉岡栄二郎
出版社:青弓社
発行年:2014年
サイズ:195mm×134mm
商品の状態:新刊本

長年の論争に決着をつけるキャパの真実!スペイン内戦やノルマンディー上陸作戦に従軍して「戦争と人間」をえぐる写真で世界に衝撃を与えたキャパ。その記念碑的作品『崩れ落ちる兵士』に対する「演出」「他の写真家の作」などの通説を、スペインの研究者との共同調査もふまえて根底からくつがえし、撮影場所と撃たれた兵士を特定することで真相を明らかにする。

〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版 日本近代と心霊学 / 一柳廣孝

SOLD OUT

〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版 日本近代と心霊学 / 一柳廣孝

¥3,080

著者:一柳廣孝
出版社:青弓社
発行年:2021年
サイズ:216mm×156mm
商品の状態:新刊本

明治半ば以降、一気に広まった遊び「こっくりさん」、人々を熱狂させた催眠術、透視をめぐる論争を巻き起こした千里眼事件——。「信仰」「迷信」「心」と「科学」のあわいに発生して、多くの人々の耳目を引いた明治期のオカルト現象から、日本の近代化の一側面を照らす。

葬儀業界の戦後史 葬祭事業から見える死のリアリティ / 玉川貴子

SOLD OUT

葬儀業界の戦後史 葬祭事業から見える死のリアリティ / 玉川貴子

¥2,860

著者:玉川貴子
出版社:青弓社
発行年:2018年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

「人の不幸でお金をとる」と長らく批判されながらも、葬儀をサービス業として成り立たせるために歩んだ葬祭業者の葛藤の歴史をたどり、知られざる葬祭業の戦後と私たちの生死観の変容を描き出す。