現代民俗学入門:身近な風習の秘密を解き明かす / 島村 恭則(編)

SOLD OUT

現代民俗学入門:身近な風習の秘密を解き明かす / 島村 恭則(編)

¥1,980

編者:島村恭則
出版社:創元社
発行年:2024年3月
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

習慣には、理由がある。
なぜハンコを押すの?福袋ってそもそも何?
身近な風習の秘密がみるみるわかる。
民俗学者22人が読み解く、暮らしに潜む67の不思議。

民俗学は、「みんなの学問」です。一部の専門家だけの学問ではなく、みんなで、お互いの暮らし、お互いの〈俗〉について話し合い、より良い未来をつくっていく学問です。本書を読まれた皆さんは、ぜひ、〈俗〉について、親しい人たちと存分に語り合ってほしいと思います。きっと、自分の知らなかった〈俗〉を知ることができるだけでなく、〈俗〉についての新たな意義を見出すこともできるでしょう。そのとき、あなたはすでに民俗学を実践してることになるのです。—— 本書『民俗学への招待』から抜粋 ——

麦の記憶 民俗学のまなざしから / 野本寛一

SOLD OUT

麦の記憶 民俗学のまなざしから / 野本寛一

¥3,300

著者: 野本寛一
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

多様な農耕環境の中で「裏作」に組み込まれ、米を主役にすえた日本人の食生活を、陰ながら支えてきた麦。現在では失われてしまった、多岐に及ぶ栽培・加工方法、豊かな食法、麦にまつわる民俗を、著者長年のフィールドワークによって蘇らせる。

イーハトーブ風景学 宮沢賢治の〈場所〉/ 岡村民夫 赤坂憲雄(編)

SOLD OUT

イーハトーブ風景学 宮沢賢治の〈場所〉/ 岡村民夫 赤坂憲雄(編)

¥3,520

編者: 岡村民夫・赤坂憲雄
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

猫がしゃべり、鉄道が銀河を走る幻想的なイーハトーブの物語にはしかし、賢治が歩き、そして生きたリアルな土地の刻印が穿たれている。風景との共同作業によってみずみずしく記述されたテクストを〈場所〉をキーワードに7人の著者が読み解く。

現代語訳 童子百物がたり 東北・米沢の怪異譚 / 吉田綱富(著) 水野道子(訳)

SOLD OUT

現代語訳 童子百物がたり 東北・米沢の怪異譚 / 吉田綱富(著) 水野道子(訳)

¥2,530

著者:吉田綱富
訳者:水野道子
出版社:七月社
発行年:2019年
サイズ:189mm×129mm
商品の状態:新刊本

孫や曾孫たちが、そのまた孫や曾孫たちに語ってくれれば……。名君・上杉鷹山に仕え、94歳の天寿を全うした米沢藩士・吉田綱富が、その晩年に書き残した『童子百物がたり』。狐やうそこき名人が活躍する笑い話、水女や疫病神が登場する怪しい話、酒呑童子をはじめとする有名説話のバリエーションなど、民俗学的にも興味深い、不思議な話の数々。

「面」と民間伝承 鬼の面・肉附き面・酒呑童子 / 西座理恵

SOLD OUT

「面」と民間伝承 鬼の面・肉附き面・酒呑童子 / 西座理恵

¥7,480

著者:西座理恵
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:218mm×158mm
商品の状態:新刊本

神事や芸能において重要な役割を担う「面」は、昔話や伝説、お伽草子などの物語に取り入れられ、多彩なバリエーションをもって語られている。伝承や信仰との相互関係を見据えながら、「面」のもつ豊かな象徴性を明らかにする。

沖縄の空手 その基本形の時代 / 津波高志

SOLD OUT

沖縄の空手 その基本形の時代 / 津波高志

¥1,980

著者:津波高志
出版社:七月社
発行年:2021年
サイズ:189mm×129mm
商品の状態:新刊本

世界各地に広まり、オリンピックの種目に採用された空手は、なぜ沖縄固有の武術と言えるのか?推定で語られることが多かった歴史を排し、確かな文献・伝承資料とその解釈に基づいて、空手の起源に迫る一書。唐手?空手?KARATE?

木地屋幻想 紀伊の森の漂泊民 / 桐村英一郎

SOLD OUT

木地屋幻想 紀伊の森の漂泊民 / 桐村英一郎

¥2,200

著者:桐村英一郎
出版社:七月社
発行年:2020年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

高貴な親王を祖に持ち、いにしえより山中を漂泊しながら椀や盆を作った木地屋たち。木の国・熊野の深い森にかすかに残された足跡、言い伝えをたどり、数少ない資料をたぐり、木地屋の幻影を追う。

日本民俗学の萌芽と生成 近世から明治まで / 板橋春夫

日本民俗学の萌芽と生成 近世から明治まで / 板橋春夫

¥5,940

著者:板橋春夫
出版社:七月社
発行年:2023年
サイズ:218mm×157mm
商品の状態:新刊本

「古風」の発見によって江戸時代に芽生えた民俗的関心は、明治以降の近代化の中で、触発・融合・反発を繰り返し、やがて柳田國男という大河に注ぎ込む。学史の丹念な整理から描き出す日本民俗学誕生前夜の鳥観図。

常設展示室 / 原田マハ

SOLD OUT

常設展示室 / 原田マハ

¥880

著者:原田マハ
出版社:新潮社
発行年:2018年
サイズ:197mm×136mm(帯あり)
商品の状態:表紙に僅かな汚れ、上部にスレあり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

アート小説の第一人者原田マハが、アートへの深い造詣と愛情を惜しみなく注ぎ込んだ短編小説集。世界各地の美術館で運命の絵に出会う人々の姿が描かれています。——人生の岐路に立つ人々が世界各地の美術館で出会う、運命を変える一枚。その絵は、いつでもあなたを待っている。—— ~ 本書の帯より引用~

弊社書店員の萬金丹チカ子の配信〈常設展示室を語ろう!〉では、がっつり一時間以上も感想を語り続けています(※ネタバレあり)。

▼ 萬金丹チカ子の常設展示室を語る配信 ▼
https://youtu.be/XJLeClpChKA

幼年期の終り / アーサー・C・クラーク

SOLD OUT

幼年期の終り / アーサー・C・クラーク

¥1,100

著者:アーサー・C・クラーク
訳者:福島正実
出版社:早川書房
発行年:昭和39年
サイズ:183mm×106mm
商品の状態:外箱なし。表紙に経年並みの折れ、スレ、汚れあり。小口に染みあり。最後のページ(本文とは無関係のページ)に破れあり。本文の状態は書き込みなく概ね良好です。

イギリスのSF作家アーサー・C・クラークの長編小説。宇宙の大きな秩序のために百数十年にわたって飼育された人類の姿を哲学的思索をまじえて描くクラークの代表作です。

197x年のある日、ソビエトとアメリカの宇宙船開発関係者は、ともに苦い苦い絶望を味わわされた……彼らの頭上に、彼らの科学水準の夢想だにできない巨大な宇宙船群が、空を覆って降下してきたからである!~ 裏表紙より引用 ~

弊社書店員の諸星めぐるの配信《天使の文化史》では、天使の文脈で『幼年期の終り』をご紹介しています。

▼ 諸星めぐるの〈天使の文化史〉解説配信 ▼
https://youtu.be/alZfyDIwyDc

サーカスの夜に / 小川糸

SOLD OUT

サーカスの夜に / 小川糸

¥880

著者:小川糸
出版社:新潮社
発行年:2015年
サイズ:197mm×140mm
商品の状態:表紙の上部に僅かなスレと凹みありり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

小川糸による長編小説。体が小さなまま成長しない病気の少年が、個性豊かなサーカスの団員達に囲まれながら自分の居場所を見つけていく、不自由な世界で自由に生きるための道標となる物語です。

僕は、小さいからサーカスに入りたいんだ。一生、チビだからだよ。こんな体で、普通の仕事ができる訳ないだろっ。どんなに大人になっても、知らない人は僕のこと、十歳の子どもだと思うんだ。そんなの、悲劇だよ。僕は、悲劇のヒーローになんてなりたくない。こんな体でも、ちゃんと生きていきたい。だから、自分にできる仕事がしたいんだ。~本書14頁より引用~

真夜中にみんなで積読を消化する無言配信《燈花ふゆの読書時間〜第一夜〜》では、燈花ふゆがこの「サーカスの夜を」静かに読んでいます。ページをめくる音が響くだけの読書の時間をみんなで共有する贅沢な企画です。

▼ 燈花ふゆの積読消化配信はコチラ ▼
https://youtu.be/IRft9SpfzoQ

怖い女  ~ 怪談、ホラー、都市伝説の女の神話学 ~ / 沖田瑞穂

SOLD OUT

怖い女 ~ 怪談、ホラー、都市伝説の女の神話学 ~ / 沖田瑞穂

¥1,320

著者:沖田瑞穂
出版社:原書房
発行年:2018年
サイズ:196mm×135mm
商品の状態:表紙に僅かな折れとスレあり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

—— 闇の女たちを畏れよ、讃えよ ——

一般的に、女神と聞くと、美しく優しく温かく人々を育み見守る、「善き女神、母神」を想像するのではないだろうか。ギリシャの美と愛と豊穣の女神アプロディテは、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」において、かくも優美に描かれた。しかし女神とはそのような優しい側面だけを持つのではない。「恐るべき」女神というのが世界中に存在している。それらの女神は人に死の運命を定め、人の命を奪い、そうすることによって自らが産み出した命を「回収」する。女神は、生を司ると同時に、死をも司る両面性を持っているのだ。~ 本文「はじめに」より引用 ~

【もくじ】
第一章 口裂け女 ー追いかけ、呑みこむ女
第二章 醜さの怪異 ーイハナガヒメの娘たち
第三章 不均衡の力 ー石の末裔たち
第四章 恐るべき子宮 ーコトリバコ、魍魎の匣、パンドラの箱、玉手箱
第五章 『呪怨』伽椰子 ー蛇女神の末裔たち
第六章 『リング』貞子 ー母なるものの恐ろしさ
第七章 『着信アリ』 ー少女と内なる母
第八章 呑み込む女
第九章 大量殺人鬼とトリックスター
第十章 怖い母性
第十一章 世界神話の怖い女神

▼ 萬金丹チカ子の怖い女紹介動画はコチラ ▼
https://youtu.be/hqxaYktzspA

風のやうに 秘薬紫雪 / 竹久夢二

SOLD OUT

風のやうに 秘薬紫雪 / 竹久夢二

¥2,200

著者:竹久夢二
出版社:龍星閣
発行年:昭和34年
サイズ:214mm×160mm(外箱あり)
商品の状態:箱に汚れと染みあり。裏表紙に一部傷あり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

大正十三年に都新聞(東京新聞)に連載された夢二の小説と挿絵です。一人の少女の表情を見ても、夢二は単なる感傷を描いているのではなく、あの時代の彼女たちの生活や「風のやうに」しか生きられなかった時代の姿を眼にみえるように描いています。あの人も、あの家も、あの風景も、そしてあの思い出も、みな夢二の絵の中にあります。

「矢崎忠一は妻を殺しました」
陸軍中尉矢崎忠一は、師團長の私宅玄関を入りながら我鳴つた。まるで醉ぱらつた人のやうに、いやに虚勢を張りながら言つた。
~ 本文2頁より引用 ~

▼ 燈花ふゆの竹久夢二VLOG動画はコチラ ▼
https://youtu.be/TKGuDsK1eos

トーマの心臓(全3巻) / 萩尾望都

SOLD OUT

トーマの心臓(全3巻) / 萩尾望都

¥1,650

著者:萩尾望都
出版社:小学館
発行年:昭和50年
サイズ:176mm×115mm
商品の状態:表紙に破れ・スレ・汚れあり。小口に日焼けと染みあり。本文にも日焼けと染みが目立ちますがお読みいただく分には問題ございません。

冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。トーマ・ヴェルナー。そして、ユーリに残された1通の手紙。「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」。信仰の暗い淵でもがくユーリ、父とユーリへの想いを秘めるオスカー、トーマに生き写しの転入生エーリク……。透明な季節を過ごすギムナジウムの少年たちに投げかけられた愛と試練と恩籠。今もなお光彩を放ち続ける萩尾望都初期の大傑作。

▼ 桃仁しののブロマンス作品紹介動画はコチラ ▼
https://youtu.be/f8NEh-aJ1bY

超芸術トマソン / 赤瀬川原平

SOLD OUT

超芸術トマソン / 赤瀬川原平

¥2,200

著者:赤瀬川原平
出版社:白夜書房
発行年:1985年
サイズ:256mm×183mm
商品の状態:表紙にスレと汚れあり。袖に折れ跡あり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

超芸術トマソンの概念は、人類史上、この私たちの時代になって、しかもこの私たちの日本国においてはじめて姿を見せたものである。その意味でこの本は、地球上の意識の歴史に残る記念碑となるだろう。人類が都市を持ち、その一方で意識を持っているかぎりは、その都市と意識の関係に見え隠れして、超芸術トマソンはいつまでもあらわれくるのである。~ 本文「序文」より引用 ~

▼ 諸星めぐるのトマソン解説動画はコチラ ▼
https://youtu.be/g__7ChZUFg8

メインテーマは殺人 / アンソニー・ホロヴィッツ

メインテーマは殺人 / アンソニー・ホロヴィッツ

¥660

著者: アンソニー・ホロヴィッツ
訳者:山田蘭
出版社:東京創元社
発行年:2019年
サイズ:149mm×106mm
商品の状態:表紙に僅かなスレあり。本文の状態は概ね良好です。

フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘

SOLD OUT

フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘

¥1,210

著者:吉田篤弘
出版社:新潮社
発行年:2001年
サイズ:192mm×135mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かなスレあり。本文の状態は概ね良好です。

物語は〈世界の果て〉にある小さな食堂を夢見ながら始まり、
静かにゆるやかにつづく。
どこからも遠い場所で、どこよりも近い、すぐそばで ——
クラフト・エヴィング商會の物語作者が贈る、
ひとつながりの16の短編集。
(本書の帯文より引用)

—— 夕方になり、空気がすっかり青くなると、食堂から主人がぬっとあらわれ出た。
見事な太鼓腹をさすりながら、店の入口にあるガス燈にぽつんと灯をともす。主人の顔が青い空気の中に浮かびあがる。鼻下にひげ。頭はつるり。琥珀色の目に眉が太い。
「さあて、今日も開幕」
サーカスの団長のように体をゆすり、ひとりそうつぶやく。——
(本文P1より一部引用)

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

完本 乙女の港(少女の友コレクション)/ 著:川端康成 イラスト:中原淳一

SOLD OUT

完本 乙女の港(少女の友コレクション)/ 著:川端康成 イラスト:中原淳一

¥2,200

著者:川端康成
イラスト:中原淳一
出版社:実業之日本社
発行年:2009年
サイズ:202mm×138mm(単行本、外箱あり)
商品の状態:表紙に僅かなスレあり。本文の状態は概ね良好です。

伝説の少女雑誌『少女の友』に連載されるやいなや一大センセーションを巻き起こした少女小説の名作が甦りました。昭和13年の中原淳一装丁による単行本の完全復刻版(旧かな版)と『少女の友』連載時の中原の挿絵を全点収録した新編集版(新かな版)の2冊組です。

■『乙女の港』とは?
昭和12年から13年にかけて、少女向け総合雑誌『少女の友』に川端康成が連載していた小説です。中原淳一の挿し絵の魅力もあいまって、女学生のあいだで一大センセーションを巻き起こしました。舞台は横浜のミッションスクール。当時女学生のあいだで流行していた、女学生同士の疑似恋愛的な友情<エス>を描いています。連載をまとめた単行本はベストセラーになりました。戦後何度か形を変えて復刊されていますが、現在はいずれも絶版。完全復刻されるのは本邦初となります。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

“文学少女“と死にたがりの道化 / 野村美月

SOLD OUT

“文学少女“と死にたがりの道化 / 野村美月

¥330

著者:野村美月
出版社:KADOKAWA
発行年:2006年
サイズ:148mm×106mm(文庫本)
商品の状態:表紙に僅かなスレあり。本文の状態は概ね良好です。

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。ラノベに抵抗感のある方にも安心してお薦めできる文芸小説です。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

ツバキ文具店 / 小川糸

SOLD OUT

ツバキ文具店 / 小川糸

¥660

著者:小川糸
出版社:幻冬舎
発行年:2016年
サイズ:195mm×137mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かな汚れあり。本文の状態は概ね良好です。

鎌倉で小さな文具店を営むかたわら、手紙の代書を請け負う鳩子。今日も風変わりな依頼が舞い込みます。友人への絶縁状、借金のお断り、天国からの手紙……。身近だからこそ伝えられない依頼者の心に寄り添ううち、仲違いしたまま逝ってしまった祖母への想いに気づいていく。大切な人への想い、「ツバキ文具店」があなたに代わってお届けします。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

キッチン / 吉本ばなな

SOLD OUT

キッチン / 吉本ばなな

¥660

著者:吉本ばなな
出版社:福武書店
発行年:1988年
サイズ:198mm×128mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かな日焼けあり。カバー裏に2mm程度の破れあり。小口に染みあり。本文の状態は概ね良好です。

—— 私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。——
(本文P7より引用)

家族という、確かにあったものが年月の中でひとりひとり減っていって、自分がひとりここにいるのだと、ふと思い出すと目の前にあるものがすべて、うそに見えてくる ―— 唯一の肉親の祖母を亡くしたみかげが、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居する。日々のくらしの中、何気ない二人の優しさにみかげは孤独な心を和ませていくのだが…。世界二十五国で翻訳され、読みつがれる永遠のベスト・セラー小説です。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

西の魔女が死んだ / 梨木香歩

SOLD OUT

西の魔女が死んだ / 梨木香歩

¥770

著者:梨木香歩
出版社:小学館
発行年:1996年
サイズ:196mm×137mm(単行本)
商品の状態:表紙の四隅にスレあり。背に色褪せあり。本文の状態は概ね良好です。

西の魔女とは、中学生の少女まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、祖母のもとで魔女修行をすることに。祖母のいう魔女修行とは、何でも自分で決めるということだった。不登校の少女の癒されていく心を清々しく描いた話題作です。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

つめたいよるに / 江國香織

SOLD OUT

つめたいよるに / 江國香織

¥880

著者:江國香織
出版社:理論社
発行年:1993年
サイズ:195mm×126mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かなスレあり。本文の状態は概ね良好です。

デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった──。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日、乗った電車でわたしはハンサムな男の子にめぐりあった……。出会いと別れの不思議な一日を綴った『デューク』。デビュー作『桃子』を含む9編を収録した初々しい短編集です。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子

夜のピクニック / 恩田陸

SOLD OUT

夜のピクニック / 恩田陸

¥330

著者:恩田陸
出版社:新潮社
発行年:2004年
サイズ:198mm×142mm(単行本)
商品の状態:表紙の上部に折れ・汚れ・日焼けあり。本文の状態は概ね良好です。

夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。三年間わだかまった想いを清算するために―。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―。ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説です。

■推薦VTuber
燈花ふゆ(とうかふゆ)
https://twitter.com/fuyu_books/status/1635964828736180225
◎ 燈花ふゆの#名刺代わりの小説10選 ◎
フィンガーボウルの話のつづき / 吉田篤弘
キッチン / 吉本ばなな
ツバキ文具店 / 小川糸
つめたいよるに / 江國香織
きみはポラリス / 三浦しをん
乙女の港 / 川端康成
“文学少女”と死にたがりの道化 / 野村美月
夜のピクニック / 恩田陸
西の魔女が死んだ / 梨木香歩
黄色い目の魚 / 佐藤多佳子