GAMABOOKS
GAMABOOKS
宇宙航路(最新科学小説全集1)/ エル・ロン・ハバード

宇宙航路(最新科学小説全集1)/ エル・ロン・ハバード

¥880

著者:エル・ロン・ハバード
訳者:尾浜惣一
出版社:元々社
発行年:1956年
サイズ:193mm×137mm(箱あり)
商品の状態:表紙に経年並みの汚れと傷あり。本文も焼けとシミが多数みられますが読む上では問題ありません。

ロン・ハバードはSF界の巨匠アイザック・アシモフやハロバート・A・インラインと同時期に活躍したアメリカのSF作家のひとりです。SF作家を経て巨大な宗教を創り上げたロン・ハバードの劇的な人生はまさにSF的だと言えるでしょう。そして本書は最新科学小説全集の記念すべき第一巻です。しっかりと王道のSFをやってくれます。(※ちなみに第二巻はハインラインです!)

宝島 1974年10月号

宝島 1974年10月号

¥2,200

出版社:宝島社
発行年:1974年
サイズ:185mm×125mm
商品の状態:表紙に傷とスレあり。背の最下部に破れあり。本文の状態は概ね良好です。

1970年~のサブカルを担った名雑誌です。編集長は #植草甚一。サブカル×アングラの雑多さが魅力的です。本号では植草甚一のニューヨークでの土産話に加えて映画評論家 #淀川長治 との特別対談も収録されています。イラストも豪華なメンツが大集合。#湯村輝彦 #和田誠 #藤子不二雄 が筆を走らせます。

—— 問:ボクは煙草を喫いません。あんな健康に悪いものを喫っている人たちの気が知れないんです。だけど、マリワナは無害だ、と友人から教えられて試してみたけど、やっぱり煙を喫う、ということに耐えられず、ムセかえってしまいました。どうしたらいいのでしょうか? 答:お食べなさい。——(本書『草の葉料理アラカルト』より引用) 

チョンキンマンションのボスは知っている / 小川さやか

チョンキンマンションのボスは知っている / 小川さやか

¥1,650

著者:小川さやか
出版社:春秋社
発行年:2019年
サイズ:195mm×136mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かな傷とスレあり。本文の状態は概ね良好です。

文化人類学者の著者と香港のアングラ経済を牛耳るタンザニア人との交流を描いたエッセイです。アングラ経済のボス(キュートで魅力的なダメ人間です)を中心とした人間味溢れる相互扶助のコミュニティは、わたし達に閉塞した日本社会を打破するヒントを教えてくれます。読むと不思議と元気が湧いてくる一冊です。

—— 彼らの仕組みは、洗練されておらず、適当でいい加減だからこそ、恰好いい。——(本書より引用)

やってくる / 郡司ペギオ幸夫

やってくる / 郡司ペギオ幸夫

¥1,650

著者:郡司ペギオ幸夫
出版社:医学書院
発行年:2020年
サイズ:210mm×150mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かな傷とスレあり。本文の状態は概ね良好です。

わたしが尊敬する科学者、郡司ペギオ幸夫先生が人工知能ならぬ❝天然知能(ハッと感じてわかる)❞を論じた一冊です。考えても無駄です。でも、考え、やきもきして、焦って、諦めて、ぼんやりしていると、予想もしなかった何かが「やってくる」。これぞ天然知能なのです。まずは本書で言及されているボーイズタウンギャング『君の瞳に恋してる』のMVを観てみましょう。あなたの中の天然知能が動き出すはずです。

—— いちばん興味のあることは、「やってくる」を科学の理論としてさまざまな形で展開することです。そこに量子論を拡張した認識の理論や、新しい安心の計算概念が出現するはずです。それを夢想しながら毎日ゴロゴロしています。——(本書『著者紹介』より)

※なお本書は新刊でもお買い求めいただけます!是非この機会にお近くの本屋さんに脚を運んでいただけると嬉しいですー!

群居 17 特集:ショートケーキハウスの女たち

群居 17 特集:ショートケーキハウスの女たち

¥1,650

編集:布野修司
出版社:学芸出版社
発行年:1988年
サイズ:210mm×153mm
商品の状態:表紙にスレあり。小口にシミあり。本文の状態は概ね良好です。

建築批評家の布野修司が主宰する季刊同人誌です。第17号では紋切り型の白塗りの住宅群=ショートケーキハウスの増加をテーマに、多様化した社会における❝住まいの在り方❞について議論を交わします。

■目次(一部抜粋)
特集前記—家族・女性・住居 / 布野修司
対談 何よりダメな日本の住まい / 関廣野・森冬実
対談「暮らし」を通じて〈まちづくり〉を考える / 小澤紀美子・松川淳子
女性と住まいをめぐるいくつかのデータ / 高橋智子

何者 / 江戸川乱歩

何者 / 江戸川乱歩

¥330

著者:江戸川乱歩
出版社:東京創元社
発行年:1996年
サイズ:148mm×106mm(文庫本)
商品の状態:表紙に傷とスレあり。背の上部に傷あり。本文の状態は概ね良好です。

江戸川乱歩の推理物として最高水準と言える表題作❝何者❞とミステリの定番と言えるお屋敷物の❝暗黒星❞が収録されています。暗黒星では明智小五郎が大活躍します。灰汁?が少なめなので乱歩初心者にもオススメです。

—— 《何者》夏の夜、宴の興も醒めやらぬ頃、陸軍少将邸に轟いた銃声。惣領息子が重傷を負い、書斎が荒らされ、敷地外へ続く足跡は古井戸でぷっつり。被害者の父親、許婚から老僕、来客に至るまでが怪しい素振りを……。乱歩作品の中でも一と言って二と下がらぬ本格仕立ての秀作。——(本書扉より引用)

藝術とは何か / 福田恆存

SOLD OUT

藝術とは何か / 福田恆存

¥1,650

著者:福田恆存
出版社:中央公論新社
発行年:1977年
サイズ:148mm×106mm(文庫本)
商品の状態:表紙に傷とスレあり。本文の状態は概ね良好です。

シェイクスピアの翻訳で有名な翻訳家そして戦後を代表する批評家でもある福田恆存の芸術評論です。❝現代の文明は呪術の虚妄を笑っております❞とはじまる本書は、未開人の❝呪術❞を足掛かりにして芸術の本質に深く切り込んでいきます。抽象的な芸術の世界をクリアに見通す一冊ですので、ものづくりや芸術への理解をより深めたい方に特におすすめです。続編『人間・この劇的なるもの』は新潮文庫で入手可能です。

—— 呪術は自然を客観的に説明するためのものでもなく、また直接的に自然を支配するためのものでもありません。それは人間が自然と合一するための行為であり、より純粋に、そしてより強烈に、みずからが自然物であることを意識し、その自覚に酔うための行為であります。——(本文より引用)

痴人の愛 / 谷崎潤一郎

SOLD OUT

痴人の愛 / 谷崎潤一郎

¥330

著者:谷崎潤一郎
出版社:新潮社
発行年:1947年
サイズ:148mm×106mm(文庫本)
商品の状態:表紙に傷とスレあり。本文の状態は概ね良好です。

マゾヒズムを地でゆく小説家、谷崎潤一郎の長編小説です。カフェで出会った15才の少女❝ナオミ❞を理想の妻に育てようとした男❝譲治❞が次第にナオミの妖艶な肉体に魅了されて愛欲の奴隷になる様を描いています。一人の女を求めるあまり身を落とす主人公にわずかな羨望を抱いてしまうのはわたしだけではないはず。みなさまも本書で谷崎潤一郎のマゾヒズムの世界にどっぷり漬かってみましょう。

—— 夫人の体には一種の甘い匂がありました。「あの女アひでえ腋臭(わきが)だ、とてもくせえや!」と、例のマンドリン倶楽部の学生たちがそんな悪口を云っているのを、私は後で聞いたことがありますし、西洋人には腋臭が多いそうですから、夫人も多分そうだったに違いなく、それを消すために始終注意して香水をつけていたのでしょうが、しかし私にはその香水と腋臭との交った、甘酸ッぱいようなほのかな匂が、決して厭ではなかったばかりか、常に云い知れぬ蠱惑でした。それは私に、まだ見たこともない海の彼方の国々や、世にも妙なる異国の花園を想い出させました。「ああ、これが夫人の白い体から放たれる香気か」と、私は恍惚となりながら、いつもその匂を貪るように嗅いだものです。——(本文より引用)

お噺の卵 / 武井武雄

お噺の卵 / 武井武雄

¥1,320

著者:武井武雄
出版社:講談社
発行年:1976年(初版)
サイズ:148mm×106mm(文庫本)
商品の状態:表紙に複数の傷と汚れあり。小口に染みあり。本文の状態は概ね良好です。

高名な童画家武井武雄の童話集です。日本では珍しいナンセンスな童話を、武井武雄の繊細優美なイラストとともにお楽しみいただけます。もちろん装丁も著者本人のイラストです。武井武雄の世界観を骨の髄まで楽しめます。

❝現在も、童画家・版画家・造本芸術家として多彩な活動をしている武井武雄の、日本では珍しいナンセンス童話——「お噺の卵」「ペスト博士の夢」「ラムラム王」の三作品集——を全部収録。どの作品もふしぎな面白さ、辛辣な風刺にあふれており、著者自身の繊細優美なイラストが更に魅力を添えている。❞(本書カバーより引用)

きつねのはなし / 森見登美彦

きつねのはなし / 森見登美彦

¥330

著者:森見登美彦
出版社:新潮社
発行年:2006年
サイズ:196mm×140mm(単行本)
商品の状態:表紙に複数の傷と汚れあり。本文の状態は概ね良好です。

森見登美彦さんの短編ホラー小説です。本書では太陽の塔から続くコミカルな文体は鳴りを潜め、繊細な筆致でじわじわと不安の広がる恐ろしさを描き出します。いつもの森見小説とは違う世界観を楽しめる一冊です。

細長く薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。闇と夜の狭間のような仄暗い空間で囁かれた奇妙な取引。私が差し出したものは、そして失ったものは、あれは何だったのか。さらに次々起こる怪異の結末は ——。(帯文より引用)

王 / ドナルド・バーセルミ

王 / ドナルド・バーセルミ

¥1,100

著者:ドナルド・バーセルミ
訳者:柳瀬尚紀
出版社:白水社
発行年:1995年
サイズ:195mm×137mm(単行本)
商品の状態:表紙に僅かな傷と汚れあり。帯に染みあり。本文の状態は概ね良好です。

アメリカのポストモダン文学を代表する小説家バーセルミの遺作です。アーサー王と円卓騎士団が第二次世界大戦を戦う……両方のファンから怒られそうですけど、言っちゃいます。バーセルミ版のFateです。ただ、こちらのアーサー王は組合の賃上げ要求に苦しんでます。アメリカ小説の鬼才が最後に残した❝奇想天外な英雄騎士道物語❞を是非お楽しみいただければと思います。

ちょっと怠けるヒント / 松山巖

ちょっと怠けるヒント / 松山巖

¥1,320

著者:松山巖
出版社:幻戯書房
発行年:2010年
サイズ:196mm×140mm(単行本)
商品の状態:カバーに複数の傷と汚れあり。本文の状態は概ね良好です。

建築家として活動した後に作家に転身された松山巖さんのエッセイ集です。わたしも最近まで知らなかったんですけど…断言します。これは良書です。「仕事が忙し過ぎてツライ」と感じているアナタにおすすめの一冊です。三島由紀夫、柳田國男、レヴィストロース。さまざまな偉人の言葉を引用して『わたし達がうっかり怠けてしまうこと』を徹底的に肯定してくれます。本書のヒントをもとに人生に《怠ける》をとり入れてより人間的で豊かな人生を送りましょう!

—— ちょっと怠ける仕草は愛らしい。それを許す社会でありたいと思う。声高に愛や希望を語るのではなく、ためらい、惑い、たどたどしく、ぐずぐずし、静かに考える時間と場所を。ときには他人との関係を絶って沈黙する時間と場所を。ときに、他人との関係をほぐす時間と場所を。(中略)ちょっと怠けるヒントはどこにでもあるだろう。——(本書『ちょっと怠けるヒントこそ』より)

【目次】(一部)
・便利なほどクタビレル
・人間は猫ほど進化していない
・怠け者の人徳
・無用の用
・無防備の快楽
・もの足らなさの、もの足りさ
・空の上から人間観察
・勤勉な怠け者
・雑こそ奥が深い
・棚から牡丹餅二十五個
・ブリコラージュは怠け仕事

夜市 / 恒川光太郎

夜市 / 恒川光太郎

¥330

著者:恒川光太郎
出版社:角川書店
発行年:2005年
サイズ:195mm×135mm(単行本)
商品の状態:表紙に傷多数あり。本文の状態は概ね良好です。

日本ホラー小説大賞を受賞したホラー作家恒川光太郎のデビュー作です。森の奥で妖怪が物を売る『夜市』に迷いこんでしまった主人公は果たして無事に元の世界に戻ってくることができるのか…?ファンタジーな世界観なのに現実のわたし達がうっかり脚を踏みいれてもおかしくないと思わせるリアリティがあります。真夏の夜に読むにはピッタリな一冊です。

——「どこから来たのか知らないけれど、あなたは夜市の仕組みをわかっていない。ここに迷い込んだら、買い物をするまで出ることはできないの」「誰が決めたんです?」「そういう仕組みなのよ。誰かが決めたのではなくて、そういう風になっているの」——(本書『夜市』本文より)

賢治宇宙 / 詩 宮澤賢治・ゑ 小林敏也

賢治宇宙 / 詩 宮澤賢治・ゑ 小林敏也

¥2,750

著者:詩 宮澤賢治 / ゑ 小林敏也
出版社:パロル舎
発行年:1992年
サイズ:210mm×205mm
商品の状態:帯なし。表紙の上部、背の上部に傷あり。本文の状態は概ね良好です。

大人も楽しめる贅沢な絵本です。宮澤賢治を題材にした絵本をつくり続けるデザイナー小林敏也さんの絵は多彩です。宮澤賢治の詩にあわせてときには繊細にときには豪快に筆を奔らせます。すでに読んだことのある宮澤賢治の詩も、小林敏也さんの絵と一緒になるとまた違った読後感を愉しむことができます。定期的に手にとってパラパラと捲りたくなる一冊です。

わが性と生 / 瀬戸内寂聴・瀬戸内晴美

わが性と生 / 瀬戸内寂聴・瀬戸内晴美

¥330

著者:瀬戸内寂聴 / 瀬戸内晴美
出版社:新潮社
発行年:1990年
サイズ:200mm×140mm(単行本)
商品の状態:表紙に傷・汚れ・シミあり。小口にシミあり。本文の一部にも薄いシミがみられますが読んでいただく分には問題ありません。

—— 十代や二十代の女を男はいくつになっても欲しがるようですが、十代や二十代の女の性なんて、場末の洋食屋のデザートか、肉の少いカレーライスくらいのもので、味もそっ気もないが、ただ飢餓感が一時なだめられるという程度じゃないですか。女の性の味は、自分の舌が肥えるのもまさに四十代、食べられて美味しくなるのも四十代と断言していいと思います。——(本書あとがきより)

これが断言できるのが寂聴先生の真髄ですよね。本書は瀬戸内寂聴が過去の自分=瀬戸内晴美と性と生を語りあう往復書簡です。年齢や肩書をかなぐり捨てて性と生に奔放になれる一冊です。

幽霊男 / 横溝正史

幽霊男 / 横溝正史

¥330

著者:横溝正史
出版社:角川書店
発行年:1982年
サイズ:148mm×105mm(文庫本)
商品の状態:表紙に傷多数あり。本文の状態は概ね良好です。

横溝正史の本格ミステリ小説です。主人公は誰もが知る名探偵❝金田一耕助❞です。2022年は横溝正史生誕120周年を記念して各社がフェアを行っていますので、これを機に本格ミステリの沼にハマってみましょう!

—— ブームに乗って大いに繁盛する、いかがわしい、興味本位のヌードクラブ。そこに所属する三人の女が次々に惨殺された。それも金田一耕助や等々力警部の眼前で……。かつてない程の屈辱を味わった名探偵の闘志が燃える。神出鬼没の不気味な犯人幽霊男との対決は?横溝正史の傑作怪奇ミステリー!——(カバー袖の説明文より引用)

眉雨 / 古井由吉

眉雨 / 古井由吉

¥1,320

著者:古井由吉
出版社:福武書店
発行年:1986年
サイズ:200mm×135mm(箱あり)
商品の状態:箱に傷と凹みあり。本書背に染みあり。本文の状態は概ね良好です。

《内向の世代》の代表的な作家である古井由吉の短編集です。表題作の他に川端康成文学賞を受賞した『中山坂』も収録されています。古井由吉の小説の特徴を一言でまとめると『文章は抽象的すぎて意味不明なのに美麗なイメージだけが脳に直接つき刺さってくる』です(※個人的感想です)。帯文がそれをよく表現していたので引用してみます。

—— 現代と古代の戦陣の陵を夢幻のうちに交錯させながら、呪術の鏡に現代の男と女を透視し、Eros—繚乱とさざめく新作品集。(艶めく眉が心を昏ます) ——(帯文より)

ユビュ王 / アルフレッド・ジャリ

SOLD OUT

ユビュ王 / アルフレッド・ジャリ

¥2,200

著者:アルフレッド・ジャリ
訳者:竹内健
出版社:現代思潮新社
発行年:2013年
サイズ:195mm×140mm(ソフトカバー)
商品の状態:表紙に一部汚れあり。本文の状態は概ね良好です。

フランスの劇作家アルフレッド・ジャリの代表作です。主人公の第一声「くそったれ!」で始まるこの戯曲はそのあまりの卑猥さから当時のフランスで社会現象になったそうです。赤瀬川原平の糞ったれなイラストも必見です。

或る男 / 武者小路実篤(名著復刻全集)

或る男 / 武者小路実篤(名著復刻全集)

¥1,650

著者:武者小路実篤
出版社:ほるぷ出版
発行年:1974年
サイズ:203mm×143mm(箱あり)
商品の状態:外箱にシミあり。本文の状態は概ね良好です。

白樺派の作家たる武者小路実篤の自伝的小説です。無名の文学青年たちが集って白樺派を立ち上げていく様が細やかに描かれています。もちろん親友志賀直哉とのなかよしエピソードもたくさん出てきますので、白樺派ファン&実篤ファンであればご一読いただく価値は十分にある一冊です。

—— 彼は段々気持の上からは自由になって来た。しかしこの世にある、不条理と、不正と、自己の生活の虚偽を肯定することは出来なかった。そしてこの世に不幸な人の多いと云ふことは彼の良心の上に依然として重荷であつた。彼は先づ文学で立つ気になった。——(本文より引用)

小説より奇なり / 伊丹十三

小説より奇なり / 伊丹十三

¥1,100

著者:伊丹十三
出版社:文藝春秋
発行年:1973年
サイズ:190mm×134mm(ソフトカバー)
商品の状態:表紙と小口にシミあり。本文の状態は概ね良好です。

—— ▽修養が出来る ▽人物が良くなる ▽出世が出来る これが本書の効能です ——(本書表紙より)

伊丹十三が映画監督として活躍する前に書かれたエッセイ集です。表紙の❝著者曰く「僕の興味は人事の滑稽と悲惨にのみあるデス」❞からもわかる通り、映画監督としてのデビュー作『お葬式』と相通ずる価値観で書かれています。装丁のデザインなど伊丹十三のデザイナーとしての才能も如何なく発揮されていますので、映画監督の伊丹十三とは一味違う伊丹十三を楽しめます。

あらくれ / 徳田秋声 (名著復刻全集)

あらくれ / 徳田秋声 (名著復刻全集)

¥1,650

著者:徳田秋声
出版社:ほるぷ出版
発行年:1976年
サイズ:172mm×126mm(箱あり)
商品の状態:外箱にシミあり。本文の状態は概ね良好です。

田山花袋や泉鏡花とおなじ尾崎一門の小説家徳田秋声の代表作です。日本近代文学や自然主義文学と聞くと小難しく感じますが、男勝りなヒロイン❝お島❞の波乱万丈な人生を描くエンタメ性に富んだストーリーなので、純文学ははじめてというかたにもオススメです。また本書は㈶日本近代文学館の名著復刻全集のひとつ=初版本の復刻版です。このシリーズが自宅の本棚に並んでいると男女問わずモテます(※当社比)。

小さな修羅 / 松永伍一

小さな修羅 / 松永伍一

¥1,100

著者:松永伍一
出版社:大和書房
発行年:1972年
サイズ:194mm×137mm
商品の状態:表紙にスレあり。本文の状態は概ね良好です。

子守唄研究の第一人者として知られる詩人松永伍一のエッセイ集です。見開き二ページの短編集(なんと百篇もあります)ながらその中に著者ならではの土着的な発想を見てとることができます。井伏鱒二・尾崎放哉・佐藤晴夫・中野重治など歴々たる作家が登場しますので松永伍一を知らずともお楽しみいただけるはずです。松永伍一を読みはじめるには打ってつけの一冊だと思います。

雲時々晴 / 串田孫一

雲時々晴 / 串田孫一

¥2,200

著者:串田孫一
出版社:実業之日本社
発行年:1991年
サイズ:200mm×137mm(箱あり)
商品の状態:帯に大きな破れあり。箱に僅かな汚れあり。本文には一部シミがみられるものの概ね良好です。

名随筆家串田孫一が晩年に雑誌で連載していた24編を一冊にまとめた随筆集。タイトルの❝曇時々晴❞は著者の心境です。串田孫一の美麗かつ自然体な筆致そして随所に見える戦争の影は私達のこころを揺れ動かします。近年のウクライナ問題が長期的にどんな悲劇をもたらすのかを時代を超えて私達に教えてくれる点でもいま読むに値する一冊です。また、本書はサイン本です。

—— 何事も自分のことは一番判りにくいが、密かに過去を想い返してみると、晴れたり曇ったりと言うよりも、時々晴であってくれるのが一番願わしい。その時々晴というのも豫め期待してその通りに晴れることはない。散歩の途中で、突然雲の僅かの隙間から日光が洩れて来て、そこではじめてほっとしたように、思い掛けない歓喜の時が向うから訪れて呉れる。それはほぼ間違いはないが、待ち望む可きことではない。——(本文より引用)

ムーン・リヴァーの向こう側 / 小林信彦

ムーン・リヴァーの向こう側 / 小林信彦

¥1,320

著者:小林信彦
出版社:新潮社
発行年:1995年
サイズ:204mm×142mm(箱あり)
商品の状態:箱に僅かな汚れあり。本文の状態は概ね良好です。

離婚歴のある39才の男性。内省的で性的不能。そんなコラムニストが年下の女性編集者と出会って…。こう粗筋を書くと古臭さを感じてしまうものの、さにあらず。本書は一周まわって❝出汁❞が出てます。
オマージュとしての『ティファニーで朝食を』。随所で顔を覗かせる『ウッディ・アレン』。まさに❝お洒落×スノッブ❞なこの小説は古き良き時代性を強く感じさせるものの、同時にいまも尚読むに値する魅力を兼ねそなえています。
また、この一冊は著者が別の作家に献本した本のようで、著者直筆のサイン(献本先の作家名)が書かれたお手製の名刺が挟まっています。これもまた出版が元気だった古き良き時代を感じさせてくれます。

BLOG