麦の記憶 民俗学のまなざしから / 野本寛一

麦の記憶 民俗学のまなざしから / 野本寛一

¥3,300

著者: 野本寛一
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

多様な農耕環境の中で「裏作」に組み込まれ、米を主役にすえた日本人の食生活を、陰ながら支えてきた麦。現在では失われてしまった、多岐に及ぶ栽培・加工方法、豊かな食法、麦にまつわる民俗を、著者長年のフィールドワークによって蘇らせる。

イーハトーブ風景学 宮沢賢治の〈場所〉/ 岡村民夫 赤坂憲雄(編)

SOLD OUT

イーハトーブ風景学 宮沢賢治の〈場所〉/ 岡村民夫 赤坂憲雄(編)

¥3,520

編者: 岡村民夫・赤坂憲雄
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

猫がしゃべり、鉄道が銀河を走る幻想的なイーハトーブの物語にはしかし、賢治が歩き、そして生きたリアルな土地の刻印が穿たれている。風景との共同作業によってみずみずしく記述されたテクストを〈場所〉をキーワードに7人の著者が読み解く。

現代語訳 童子百物がたり 東北・米沢の怪異譚 / 吉田綱富(著) 水野道子(訳)

現代語訳 童子百物がたり 東北・米沢の怪異譚 / 吉田綱富(著) 水野道子(訳)

¥2,530

著者:吉田綱富
訳者:水野道子
出版社:七月社
発行年:2019年
サイズ:189mm×129mm
商品の状態:新刊本

孫や曾孫たちが、そのまた孫や曾孫たちに語ってくれれば……。名君・上杉鷹山に仕え、94歳の天寿を全うした米沢藩士・吉田綱富が、その晩年に書き残した『童子百物がたり』。狐やうそこき名人が活躍する笑い話、水女や疫病神が登場する怪しい話、酒呑童子をはじめとする有名説話のバリエーションなど、民俗学的にも興味深い、不思議な話の数々。

「面」と民間伝承 鬼の面・肉附き面・酒呑童子 / 西座理恵

「面」と民間伝承 鬼の面・肉附き面・酒呑童子 / 西座理恵

¥7,480

著者:西座理恵
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:218mm×158mm
商品の状態:新刊本

神事や芸能において重要な役割を担う「面」は、昔話や伝説、お伽草子などの物語に取り入れられ、多彩なバリエーションをもって語られている。伝承や信仰との相互関係を見据えながら、「面」のもつ豊かな象徴性を明らかにする。

木地屋幻想 紀伊の森の漂泊民 / 桐村英一郎

木地屋幻想 紀伊の森の漂泊民 / 桐村英一郎

¥2,200

著者:桐村英一郎
出版社:七月社
発行年:2020年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

高貴な親王を祖に持ち、いにしえより山中を漂泊しながら椀や盆を作った木地屋たち。木の国・熊野の深い森にかすかに残された足跡、言い伝えをたどり、数少ない資料をたぐり、木地屋の幻影を追う。

日本民俗学の萌芽と生成 近世から明治まで / 板橋春夫

日本民俗学の萌芽と生成 近世から明治まで / 板橋春夫

¥5,940

著者:板橋春夫
出版社:七月社
発行年:2023年
サイズ:218mm×157mm
商品の状態:新刊本

「古風」の発見によって江戸時代に芽生えた民俗的関心は、明治以降の近代化の中で、触発・融合・反発を繰り返し、やがて柳田國男という大河に注ぎ込む。学史の丹念な整理から描き出す日本民俗学誕生前夜の鳥観図。