細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎 | GAMABOOKS
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎
細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎

細雪(上中下巻)/ 谷崎潤一郎

著者:谷崎潤一郎
出版社:新潮社
発行年:1955年
サイズ:148mm×106mm(文庫本)
商品の状態:表紙に経年並みの傷とスレあり。裏表紙にシールをはがした際の破れあり。経年並みの劣化が見られますが通読するぶんには問題ありません。

源氏物語の完訳を終えた谷崎潤一郎は、いまの上方文化のなかにその伝統を再現しようと、本書を書き始めました。戦争中の言論統制によって雑誌掲載を禁止されながらも書き続けた記念碑的大作です。

——その時分になると蛍があまり沢山いるので、誰も遠慮なく声を出したが、お互に、蛍に釣られてつい離れ離れになるので、始終呼び合っていないと、闇に取り残されてしまう心配があった。幸子はいつか雪子と二人だけになっていたが、向う岸でこいちゃんこいちゃんと云っている悦子の声と、それに答える妙子の声がとぎれとぎれに、……少し風が出て来たので、……聞えたり消えたりした。何と云っても子供っぽい遊びになると、三人のうちでは妙子が一番気も若いし、体も利くので、こう云う時にはいつも彼女が悦子の相手をさせられる。……その、川の向うから風に伝わって来る声が、今も幸子の耳に聞える。……お母ちゃん、……お母ちゃん何処、……此処やわ、……姉ちゃんは……?姉ちゃんも此処やわ、……悦子蛍を二十匹獲ったよ、……——(本文より引用)

■推薦VTuber
桃仁しの(とうにんしの)
https://twitter.com/t_shino_gb82/status/1523170033152659456
◎ 桃仁しのの#名刺代わりの小説10選 ◎
痴人の愛 / 谷崎潤一郎
細雪 / 谷崎潤一郎
人間失格 / 太宰治
砂の女 / 安部公房
剣客商売 / 池波正太郎
蝉しぐれ / 藤沢周平
京まんだら / 瀬戸内寂聴
白蓮れんれん / 林真理子
チェーザレボルジアあるいは優雅なる冷酷 / 塩野七生
後宮小説 / 酒見賢一

¥880

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gamabooks.jp」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gamabooks.jp」so that you can receive our e-mail

*Tax included.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fees and delivery method/s for this product are as follows.

  • クリックポスト

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥200
Report

Reviews of this shop