新・狛犬学 / たくきよしみつ

新・狛犬学 / たくきよしみつ

¥2,178

著者:たくきよしみつ
発行:タヌパック
発行年:2024年
サイズ:210mm×149mm
商品の状態:新刊本(KDPペーパーバック版)

狛犬の世界の奥深さが分かる「狛犬本」決定版です。著者が永年をかけて撮影した狛犬たちの写真(約550点)がフルカラーで掲載されています。狛犬の知識だけでなく、狛犬という不思議な文化が誕生した背景や、狛犬から見えてくる日本の近現代史の課題にも迫る、まさに狛犬ファン必携の1冊です。

第一章 狛犬とは何か 100万人の狛犬講座
第二章 狛犬の種類
第三章 時代の波に翻弄された狛犬文化

■本書を推す書店員
諸星めぐる(もろぼしめぐる)
https://twitter.com/boshi_megu
■紹介記事(note)
【狛犬】狛犬かわいすぎるし奥深い解説
https://note.com/moroboshi_meguru/n/ndeedc5b6bd06
■紹介動画(YouTube)
【民俗学 / 解説】狛犬って犬なの? #狛犬めぐる【VTuber/ #諸星めぐる 】
https://youtu.be/9fJ_uwvzjEs

現代民俗学入門:身近な風習の秘密を解き明かす / 島村 恭則(編)

現代民俗学入門:身近な風習の秘密を解き明かす / 島村 恭則(編)

¥1,980

編者:島村恭則
出版社:創元社
発行年:2024年3月
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

習慣には、理由がある。
なぜハンコを押すの?福袋ってそもそも何?
身近な風習の秘密がみるみるわかる。
民俗学者22人が読み解く、暮らしに潜む67の不思議。

民俗学は、「みんなの学問」です。一部の専門家だけの学問ではなく、みんなで、お互いの暮らし、お互いの〈俗〉について話し合い、より良い未来をつくっていく学問です。本書を読まれた皆さんは、ぜひ、〈俗〉について、親しい人たちと存分に語り合ってほしいと思います。きっと、自分の知らなかった〈俗〉を知ることができるだけでなく、〈俗〉についての新たな意義を見出すこともできるでしょう。そのとき、あなたはすでに民俗学を実践してることになるのです。—— 本書『民俗学への招待』から抜粋 ——

■本書を推す書店員
諸星めぐる(もろぼしめぐる)
https://twitter.com/boshi_megu
■著者コラボ動画(YouTube)
【民俗学/コラボ】おしえて!「現代民俗学入門」の島村恭則教授!
https://youtu.be/QSv3_-bMAJs

異界と日本人~絵物語の想像力~ / 小松 和彦

SOLD OUT

異界と日本人~絵物語の想像力~ / 小松 和彦

¥770

著者:小松 和彦
発行:角川書店
発行年:2003年
サイズ:190mm×129mm
商品の状態:中古品。表紙にわずかな擦れ、汚れ、日焼けあり。小口にわずかな汚れあり。本文は概ね良好な状態です。

異界を覗くと、日本人の想像力が見える。
妖怪研究の第一人者が贈る画期的異界論。

古来、日本人は未知のものに対する恐れを、異界の物語に託してきた。日常の向こう側に広がる異界では、陰陽師が悪霊と戦い、狐が美女に姿を変え、時間の流れが歪む。酒呑童子伝説、浦嶋伝説、七夕伝説、義経の「虎の巻」など、あまたある異界の物語を絵巻から読み解き、日本人の隠された精神生活にせまる。妖怪研究の第一人者が贈る画期的異界論。~本書帯文より引用~

▼目次▼
異界論のすすめ
序章 異界をめぐる想像力
第一章 反魂の秘術 ——『長谷雄草紙絵巻』
第二章 源頼光と酒呑童子 ——『大江山絵詞』
第三章 妖狐の陰謀 ——『玉藻前草紙絵巻』
第四章 龍宮からの贈り物 ——『俵藤太絵巻』
第五章 龍宮の逆説 ——『浦嶋明神縁起絵巻』
第六章 天界への通路 ——『天稚彦草子絵巻』
第七章 義経の「虎の巻」——『御曹子島渡』
第八章 天狗と護法童子 ——『是害房絵詞』
第九章 狐の「浄土」と異類婚姻 ——『狐草紙絵巻』
第十章 百鬼夜行のパレード ——『付喪神絵巻』
第十一章 幽霊の近世 ——『死霊解脱物語聞書』
終章 異界観の変容と妖怪文化の娯楽化
あとがき

■本書を推す書店員
諸星めぐる(もろぼしめぐる)
https://twitter.com/boshi_megu
■紹介動画(YouTube)
【民俗学 / 解説】どこにいくの?異界の民俗学
https://youtu.be/qD5jcdH32Kk

境界 怪異の民俗学8/ 小松和彦 [責任編集]

SOLD OUT

境界 怪異の民俗学8/ 小松和彦 [責任編集]

¥3,080

編者:小松和彦
発行:河出書房新社
発行年:2022年
サイズ:188mm×129mm
商品の状態:新刊本(新装復刻版)

〈怪異〉の発生する根源的・多義的な領域
民俗学の古典のみならず幅広い分野から重要論考を精選、日本文化の多様さ・奥深さを知るテーマ別アンソロジー

▼目次▼
Ⅰ 総論
記号と境界  山口昌男 
妖怪のトポロジー  宮田登
Ⅱ 境界の場所
四つ辻とあの世  高取正男
厠考―異界としての厠―  飯島吉晴
辻についての一考察  笹本正治
村境の象徴論的意味  八木康幸
「賽の河原」考  本田和子
Ⅲ 境界の時
かはたれ時  柳田國男
黎明―原始的想像力の日本的構造―  益田克実
生と死の境界  小松和彦
Ⅳ 境界の象徴
生杖と占杖―一つの覚書―  松村武雄
遊行的なるもの(抄) 廣末保
境にひびく音  宮田登
節分の籠  近藤直也
神隠しと鉦や太鼓  笹本正治
境界にたたずむ子ども・老人―泣き声に聴く―  森下みさ子
鶏と雷公(頼光) 高橋昌明
境界の呪具―箒  常光徹

■本書を推す書店員
諸星めぐる(もろぼしめぐる)
https://twitter.com/boshi_megu
■紹介動画(YouTube)
【民俗学 / 解説】どこからどこまで?境界の民俗学
https://youtu.be/njmw1FPvuXw

本当にはじめての遠野物語 / 富川 岳

SOLD OUT

本当にはじめての遠野物語 / 富川 岳

¥1,980

著者:富川岳
発行:遠野出版
発行年:2023年
サイズ:210mm×148mm
商品の状態:新刊本

主人公はいない。長編小説でもない。
ファンタジーでも、迷信でもない。
もう一つの世界をめぐる、本当の話。

◇『遠野物語』とは?
◇キャラクター紹介(河童、天狗、山男、山女、ザシキワラシ、オシラサマ、ヤマダチ、魂、狼と猿)
◇『遠野物語』誕生の秘密 ①出会い編
◇『遠野物語』誕生の秘密 ②地理編
◇『遠野物語』に込められた想い

■本書を推す書店員
諸星めぐる(もろぼしめぐる)
https://twitter.com/boshi_megu
■紹介記事(note)
【まんが】だいたいわかる「遠野物語」【遠野三山と3人の女神】
https://note.com/moroboshi_meguru/n/n0ccd82594f34
■紹介動画(YouTube)
【民俗学 / 解説】同人誌?伝承?戦慄せしめよ!柳田國男による「遠野物語」の民俗学
https://youtu.be/B0zfkVUUYcE

日本の幻獣図譜 ~ 大江戸不思議生物出現録 ~ / 湯本 豪一

日本の幻獣図譜 ~ 大江戸不思議生物出現録 ~ / 湯本 豪一

¥2,200

著者:湯本 豪一
出版社:東京美術
発行年:2016年7月
サイズ:257mm×183mm
商品の状態:中古品。表紙に経年並みの汚れとスレあり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

その昔、世界は、今よりもずっと不思議にみちていた。
●人魚も鬼も、河童も天狗も、龍も件も、みんな「いる」と信じられていた時代、これらの❝生き物❞は時折人の世界に姿を現しては、さまざまな形で語り継がれることとなった。
●本書は、絵や版本からミイラ、骨といった遺物まで、今に残る多彩な資料を駆使して、幻獣出現の諸相を明らかにし、人々を引きつけてやまないこの不可思議な存在を生み出した社会的背景にまで迫った意欲作!
~本書カバー袖より引用~

▼ 諸星めぐるの「人魚の民俗学」はコチラ!▼
https://youtu.be/Tk1_V_CY5ug

麦の記憶 民俗学のまなざしから / 野本寛一

SOLD OUT

麦の記憶 民俗学のまなざしから / 野本寛一

¥3,300

著者: 野本寛一
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

多様な農耕環境の中で「裏作」に組み込まれ、米を主役にすえた日本人の食生活を、陰ながら支えてきた麦。現在では失われてしまった、多岐に及ぶ栽培・加工方法、豊かな食法、麦にまつわる民俗を、著者長年のフィールドワークによって蘇らせる。

イーハトーブ風景学 宮沢賢治の〈場所〉/ 岡村民夫 赤坂憲雄(編)

SOLD OUT

イーハトーブ風景学 宮沢賢治の〈場所〉/ 岡村民夫 赤坂憲雄(編)

¥3,520

編者: 岡村民夫・赤坂憲雄
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

猫がしゃべり、鉄道が銀河を走る幻想的なイーハトーブの物語にはしかし、賢治が歩き、そして生きたリアルな土地の刻印が穿たれている。風景との共同作業によってみずみずしく記述されたテクストを〈場所〉をキーワードに7人の著者が読み解く。

現代語訳 童子百物がたり 東北・米沢の怪異譚 / 吉田綱富(著) 水野道子(訳)

現代語訳 童子百物がたり 東北・米沢の怪異譚 / 吉田綱富(著) 水野道子(訳)

¥2,530

著者:吉田綱富
訳者:水野道子
出版社:七月社
発行年:2019年
サイズ:189mm×129mm
商品の状態:新刊本

孫や曾孫たちが、そのまた孫や曾孫たちに語ってくれれば……。名君・上杉鷹山に仕え、94歳の天寿を全うした米沢藩士・吉田綱富が、その晩年に書き残した『童子百物がたり』。狐やうそこき名人が活躍する笑い話、水女や疫病神が登場する怪しい話、酒呑童子をはじめとする有名説話のバリエーションなど、民俗学的にも興味深い、不思議な話の数々。

「面」と民間伝承 鬼の面・肉附き面・酒呑童子 / 西座理恵

「面」と民間伝承 鬼の面・肉附き面・酒呑童子 / 西座理恵

¥7,480

著者:西座理恵
出版社:七月社
発行年:2022年
サイズ:218mm×158mm
商品の状態:新刊本

神事や芸能において重要な役割を担う「面」は、昔話や伝説、お伽草子などの物語に取り入れられ、多彩なバリエーションをもって語られている。伝承や信仰との相互関係を見据えながら、「面」のもつ豊かな象徴性を明らかにする。

木地屋幻想 紀伊の森の漂泊民 / 桐村英一郎

木地屋幻想 紀伊の森の漂泊民 / 桐村英一郎

¥2,200

著者:桐村英一郎
出版社:七月社
発行年:2020年
サイズ:195mm×136mm
商品の状態:新刊本

高貴な親王を祖に持ち、いにしえより山中を漂泊しながら椀や盆を作った木地屋たち。木の国・熊野の深い森にかすかに残された足跡、言い伝えをたどり、数少ない資料をたぐり、木地屋の幻影を追う。

日本民俗学の萌芽と生成 近世から明治まで / 板橋春夫

日本民俗学の萌芽と生成 近世から明治まで / 板橋春夫

¥5,940

著者:板橋春夫
出版社:七月社
発行年:2023年
サイズ:218mm×157mm
商品の状態:新刊本

「古風」の発見によって江戸時代に芽生えた民俗的関心は、明治以降の近代化の中で、触発・融合・反発を繰り返し、やがて柳田國男という大河に注ぎ込む。学史の丹念な整理から描き出す日本民俗学誕生前夜の鳥観図。

タイの地獄寺 / 椋橋彩香

SOLD OUT

タイの地獄寺 / 椋橋彩香

¥2,200

著者:椋橋彩香
出版社:青弓社
発行年:2018年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

カラフルでキッチュなコンクリート像が立ち並ぶタイの寺院である地獄寺。日本では「珍スポット」「B級スポット」などとして知られ、マニアは熱い視線を注いでいる。地獄寺に魅せられ、タイ全土の八十三にも及ぶ寺院を実際に訊ねた著者が、地獄寺を体系的にまとめた世界初の地獄寺論考。

鏡花と妖怪 / 清水潤(著), 怪異怪談研究会(編)

鏡花と妖怪 / 清水潤(著), 怪異怪談研究会(編)

¥3,300

著者:清水潤
編者:怪異怪談研究会
出版社:青弓社
発行年:2018年
サイズ:216mm×157mm
商品の状態:新刊本

大正期から昭和における泉鏡花のテクストを丁寧に読み解き、希代の妖怪作家・鏡花と現代の怪異怪談文化をも接続して、近現代日本の怪奇幻想の系譜を紡ぎ出す文学研究の臨界点。

コティングリー妖精事件 ~イギリス妖精写真の新事実~ / 井村君江, 浜野志保(編著)

コティングリー妖精事件 ~イギリス妖精写真の新事実~ / 井村君江, 浜野志保(編著)

¥3,080

著者:井村君江, 浜野志保(編著)
出版社:青弓社
発行年:2021年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

1917年にイギリスで写真が公表されて、コナン・ドイルなどを巻き込んでセンセーションを起こしたコティングリー妖精事件——。この事件に関わる貴重な新資料をフルカラーで紹介し、社会的・文化的な背景を解説する評論も収めて、妖精写真をめぐる人々の感性や時代性を浮き彫りにする。

大麻の社会学 / 山本奈生

大麻の社会学 / 山本奈生

¥3,740

著者:山本奈生
出版社:青弓社
発行年:2021年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

大麻を語ることは、摘発と逮捕、規制史と統治性権力、抵抗と社会運動、そして嗜好する人たちの生そのものを論じるということである。文化社会学と犯罪社会学の立場からアメリカと日本の大麻政策の100年間を精査して、有害か自由化かとは異なる視点から大麻をめぐる論争に一石を投じる。

テキヤ稼業のフォークロア / 厚香苗

テキヤ稼業のフォークロア / 厚香苗

¥3,300

著者:厚香苗
出版社:青弓社
発行年:2012年
サイズ:216mm×156mm
商品の状態:新刊本

路上や神社の境内で商売をしている専業的な露天商である「テキヤ」とはどのような職業であり、ルールや縄張り、集団の性格はどのようなものなのか——。不安定な生業を継続させるために慣行を作り上げ、それを伝統として商いをする彼らの実態に、スカイツリーでにぎわう東京・墨東地区などでの詳細なフィールドワークから迫る貴重な成果。

中国の死神 / 大谷亨

中国の死神 / 大谷亨

¥2,860

著者:大谷亨
出版社:青弓社
発行年:2023年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

中国の死神である「無常」は、中国ではよく知られた民間信仰の鬼神である。フィールドワークに基づきながら、無常の歴史的な変遷を緻密にたどり、妖怪から神へと上り詰めたそのプロセスや背景にある民間信仰の原理を明らかにする中国妖怪学の書。

日本まじない食図鑑 / 吉野りり花

SOLD OUT

日本まじない食図鑑 / 吉野りり花

¥2,200

著者:吉野りり花
出版社:青弓社
発行年:2016年
サイズ:210mm×150mm
商品の状態:新刊本

いまも日本全国に息づく「食べるお守り」である〈まじない食〉とその背景にある民俗・風習や伝統文化、それを支える人々の思いをカラー写真も交えて紹介する。

〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版 日本近代と心霊学 / 一柳廣孝

SOLD OUT

〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版 日本近代と心霊学 / 一柳廣孝

¥3,080

著者:一柳廣孝
出版社:青弓社
発行年:2021年
サイズ:216mm×156mm
商品の状態:新刊本

明治半ば以降、一気に広まった遊び「こっくりさん」、人々を熱狂させた催眠術、透視をめぐる論争を巻き起こした千里眼事件——。「信仰」「迷信」「心」と「科学」のあわいに発生して、多くの人々の耳目を引いた明治期のオカルト現象から、日本の近代化の一側面を照らす。

変幻する神々 ~ 熱きアジアの仮面展図録 ~

変幻する神々 ~ 熱きアジアの仮面展図録 ~

¥2,420

出版社:日本放送出版協会
発行年:1981年
サイズ:297mm×210mm
商品の状態:表紙に僅かな汚れとスレあり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

マンホールのふた (日本篇) / 林丈二

SOLD OUT

マンホールのふた (日本篇) / 林丈二

¥4,400

著者:林丈二
出版社:サイエンティスト社
発行年:1984年
サイズ:297mm×212mm
商品の状態:表紙に経年並みの汚れとスレあり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

超芸術トマソン / 赤瀬川原平

SOLD OUT

超芸術トマソン / 赤瀬川原平

¥2,200

著者:赤瀬川原平
出版社:白夜書房
発行年:1985年
サイズ:256mm×183mm
商品の状態:表紙にスレと汚れあり。袖に折れ跡あり。本文の状態は書き込みや汚れもなく概ね良好です。

超芸術トマソンの概念は、人類史上、この私たちの時代になって、しかもこの私たちの日本国においてはじめて姿を見せたものである。その意味でこの本は、地球上の意識の歴史に残る記念碑となるだろう。人類が都市を持ち、その一方で意識を持っているかぎりは、その都市と意識の関係に見え隠れして、超芸術トマソンはいつまでもあらわれくるのである。~ 本文「序文」より引用 ~

▼ 諸星めぐるのトマソン解説動画はコチラ ▼
https://youtu.be/g__7ChZUFg8